Displaying 1 entry.

お野菜たっぷりミネストローネ

  • Posted on 7月 12, 2012 at 3:01 PM

●お野菜たっぷりミネストローネ

ミネストローネはイタリア料理を代表するスープ。基本はトマトベースのスープで、野菜がごろごろと入っているのが特徴です。

「ミネストローネ」という名前は、イタリア語で「ごちゃ混ぜ」、「具沢山」といった意味があるんです。ミネストローネに使う野菜は季節や地域によって違ってきます。例えば銀座 野菜といえばこのお店のように。特にこれを入れるなどという決まりなどはないそうです。トマトを入れないものでも「ミネストローネ」と呼ぶことがあるといいます。それぞれの家庭の味が表れるという感じのスープですが、ミネストローネに使われる定番野菜といえばたまねぎ、ジャガイモ、ニンジン、キャベツ、セロリ、ズッキーニ、サヤインゲンなど。ジャガイモの代わりに白いんげん豆を入れれば、トスカーナ地方で食べられるミネストローネとなります。スープの味は、トマトのうまみとベーコンで決まります。それぞれの野菜を最初に炒めてから煮ると、野菜の味もぐんと引き出されます。米やショートパスタなどを入れて食べることもあります。
ミネストローネはイタリア料理を代表するスープ。基本はトマトベースのスープで、野菜がごろごろと入っているのが特徴です。「ミネストローネ」という名前は、イタリア語で「ごちゃ混ぜ」、「具沢山」といった意味があるんです。

ミネストローネに使う野菜は季節や地域によって違ってきます。特にこれを入れるなどという決まりなどはないそうです。例えば銀座 野菜ならここのお店。トマトを入れないものでも「ミネストローネ」と呼ぶことがあるといいます。

それぞれの家庭の味が表れるという感じのスープですが、ミネストローネに使われる定番野菜といえばたまねぎ、ジャガイモ、ニンジン、キャベツ、セロリ、ズッキーニ、サヤインゲンなど。ジャガイモの代わりに白いんげん豆を入れれば、トスカーナ地方で食べられるミネストローネとなります。

スープの味は、トマトのうまみとベーコンで決まります。それぞれの野菜を最初に炒めてから煮ると、野菜の味もぐんと引き出されます。米やショートパスタなどを入れて食べることもあります。

●パスタの基本、アーリオ・オーリオ・エ・ぺペロンチーノ

パスタの基本中の基本であり、これさえ上手に作れるようになれば他のパスタも上手に作れるようになれるという、アーリオ・オーリオ・エ・ぺペロンチーノ。私たち日本人はこの料理のことを一般的に「ペペロンチーノ」とだけ言いますが、ペペロンチーノはイタリア語で「唐辛子」という意味。ですから、正確に言うと「ペペロンチーノ」だけではパスタ料理として成り立たないのです。

アーリオ・オーリオ・エ・ペペロンチーノは直訳すると、「にんにく、オリーブオイルと唐辛子」となります。使われている材料をそのままメニュー名にしてしまったという感じ。実際に使われる材料もにんにくとオイルと、唐辛子、そしてパスタに塩、たったのこれだけです。

とってもシンプルな調理法だか、作り手やその方法によって味はさまざま。日本ではこのパスタメニューをレストランで食べることができますが、本場イタリアではレストランでこのメニューを見ることはあまりありません。基本中の基本であるため、家庭では頻繁に食べられます。